• 商品評論

    2020年3月16日 在日本審核
    この作品については人によって捉え方はそれぞれでしょうが、わずかなほころびで崩壊しそうな現代社會を目の當たりにし、それでも自分自身がそれに向き合っていかなければならない現実を思えば、ファンタジーの世界の物語ではあるけれども、極めて共感性の高い作品のように感じられます。それから、こちらの作品は前巻と內容が繋がっていますので併せて読んでいただければ素晴らしい知的エンターテインメントを體感出來るでしょう。また、この「最強の魔法をめぐる冒険」の方は、話が多少散らかり気味で放置された伏線も気になりますが、全編を通して「支配」についての考察と、報われない「良心」と対立する「正義」との葛藤が、大きなテーマとして様々なベクトルから語られていきます。簡略に書くと、知識による支配、人による支配( 暴力的?精神的)、(平和な)社會による支配についてかわいいキャラクター達が真剣に語っています。その上で支配される側の辛さに大きく心を揺さぶられます。また、良心というのはもちろんスペクトラルのことであり、この良心が、ミサキちゃんとクリスタの両方の対立する正義の板挾みに苦しみ葛藤し、ついには悲しい結末を迎えてしまうわけです。
    さらに、それを踏まえて、最後の追加エピソードでは言葉の一つ一つがとてつもなく重く心に突き刺さります。個人的な解釈で申し訳ないのですが、ささやかな救済を意図して書かれたであろうこのエピソードの最後の場面は、かつてスペクトラルとクリスタが戦い、スペクトラルが敗北したぶどう畑なのでしょうか?戦いの中、スペクトラルはぶどう畑を守ったからクリスタに敗北したのでしょう。スペクトラルの唯一の弱點は自分の大切なものであり、クリスタはそのことを知っています。サラダウィザードがギルドを旅立ってからどれだけ時が立っているのかは曖昧であるけれども、おそらく悲しい結末の後なのでしょうか、荒廃したギルドに帰還し、そこにあったぶどう畑で、彼女は殘されていたぶどうの枝と実を回収して涙をこぼします。この殺伐とした世界に殘った僅かながらの「良心」のかけらをみつけて。
    21 個人發現此評論有用
    報告濫用情況 固定鏈接
    双性花蒂调教抹药走绳 <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链>
    <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <蜘蛛词>| <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链> <文本链>